東京都心で賃貸生活をするセレブ達の暮らしぶりとは?

東京高級賃貸マンション生活センター

起業家セレブが選んだ通信制高校という選択肢

文部科学省認可の高等学校は全部で3種類

面白いことに高級賃貸マンションに住まわれている方の中には、まともに日本の全日制高校を出ていない方がけっこういます。
その方々がいかに高卒認定資格を取るかというと、それが通信制高校というものなのです。

通信制高校という高等教育機関の存在

普通に全日制高校に通っている方にはわかりませんが、実は高校には定時制高校、通信制高校もあります。
全日制高校は、朝から授業があり、授業時間や曜日ごとに行われる授業が決まっています。
3年間の決められた授業課程を修了すると卒業となります。
決められた出席日数に達しなかったり、テストで規定の点数に達しない場合には進級や卒業ができない場合(留年)もあります。
そのような留年を救済する措置として、テストの点数が悪かった生徒にもう一度テストの機会を与える追試などを行う学校も多いようです。

定時制は夜間に通う高等学校

定時制高校は、授業時間は決まっていますが、夜間などに授業が行われることが多いのが特徴です。
もともと昼間に働いている人に勉強する機会を提供する目的が主だったため、ほとんどの学校が夜間に授業をしていましたが、定時制高校に通う生徒の事情が変化したこともあり、最近では昼間に授業を行う定時制高校も存在します。

高校に通わないで高卒資格を取れる通信制高校

どちらの高校も、学校に通うことが基本となっていますが、通信制高校はほとんど学校に通うことなく勉強をすることができる高校です。
勉強は学校での授業ではなく、用意されたテキストに沿って自分で勉強を進めていきます。
テキストがあればどこでも勉強することが可能なため、毎日自宅で学習することも可能です。
自宅での勉強が難しい人のために、自習室のような部屋を提供している学校もあります。
スクーリングという、登校日のようなものを設けている学校もあります。
この日は登校をして先生と面談を行ったり、授業を行ったりするのです。
科目ごとに提出する課題やテストなどがあり、一定の成績を修めるとその科目の単位を取得することができます。
それぞれの科目の単位を全て取得できた時点で卒業となります。
通信制高校はこのような単位制を取り入れている高校が多くなっています。
その代わり、すべてを決定するのは生徒自身の意志だと言えるでしょう。