東京都心で賃貸生活をするセレブ達の暮らしぶりとは?

東京高級賃貸マンション生活センター

憧れのタワーマンションとデザイナーズマンションの違い

憧れの高級賃貸マンションの特徴

高級賃貸マンションときいてどんなマンションを想像するでしょうか。
高級賃貸マンションには2つのタイプがあり、タワーマンションとデザイナーズマンションがあります。

タワーマンションは利便性の良さと眺望が人気

タワーマンションの特徴は、名前の通り外観がタワーのように高く、誰もが憧れる高層階には眺望もよく、住人全員が使用できる共有スペースやゲストルームなどがあります。
安全面では免震性もしっかり考えられており高層階でも安心して生活することができます。
また、セキュリーティーシステムやマンションの入り口にはコンシェルジュサービスもあるので来客のときなども対応してくれます。
その他にも、マンション内にフィットネスジムやゲストルームやコンビニなど便利な施設もあるので充実した生活を送ることができます。

デザイナーズマンションは個性的な外観や内装で人気

デザイナーズマンションの特徴は、高級賃貸マンションのなかでも特に人気で、入居待ちの方がいるほどです。
外観や内装を有名デザイナーなどが手掛けているため空間からおしゃれでこだわり人とは違った個性的なマンションを探している方にはオススメです。
しかしデザイナーズマンションには間取りなどもデザイン重視で決められるため、キッチンのスペースが十分でなかったり、空間を広くとるため壁や収納スペースがなかったり、トイレや風呂がガラス張りだったりと居住するのに不便に思うことが出てくる方もいます。

利便性かデザインか、高級賃貸マンションの住まい方にも個性があります

建築家はあくまでもマンションの空間をデザインすることが目的なので、使い勝手や生活する人のことはあまり考えておらず、個性的で奇抜すぎたりして、飽きられやすくもなります。
賃料も一般的なマンションよりも割高になっています。
やはり、自分たちのライフスタイルにあった住まいを選んでデザイン・住み心地・賃料などのバランスを考えて借りるといいでしょう。